専門弁護士の費用

住宅の設計図

相続専門の弁護士の料金について

相続専門の弁護士は、遺産相続に関する法律に精通している専門家です。相続専門の弁護士の料金は、法律事務所の自由裁量によって報酬が決められています。具体的な報酬額については、法律事務所のホームページに書かれています。 相続専門の弁護士の一般的な料金は、100万円程度の金額が相場になっています。実際に必要な金額は案件によって変わってきますので、100万円以下の報酬になる場合もあります。 弁護士に支払う報酬は、着手金と報奨金に分かれます。着手金は仕事を依頼する時点で支払う金銭です。報奨金は仕事が終了後に支払う金銭になります。報酬が100万円の場合は、着手金は30万円程度になります。残金の70万円が報奨金になります。

相続に強い法律の専門家の歴史や変遷について

日本では明治時代になると、代言人と呼ばれる法律の専門家が誕生しました。この代言人が弁護士のルーツになります。当時は代書人と呼ばれる法律の専門家も存在しました。代書人は現在の司法書士や行政書士のルーツになります。 1893年になると弁護士法が制定され、代言人は弁護士と呼ばれるようになりました。戦後の1949年になると、新しい弁護士法が制定され、現在と同じような業務を行うようになりました。 戦後になると核家族化が進み、相続に関するトラブルが急増しました。相続のトラブルを解決するために、相続専門の業務を行う弁護士が登場しました。相続に強い法律の専門家は、民法の家族法や税法に精通しており、遺産相続に関する業務を得意としています。