払い過ぎたお金の請求

税理士

近年話題の過払い金請求とは

近年各所で見聞きするようになった話題のひとつに、過払い金というキーワードがあります。過払い金とは、金融業者のキャッシングやカードローンサービスなどを利用して現金の借入れを行い、その借金の返済に当たって元金に掛かっていた利子の利率が、法が定める利率を超える数値で請求されていたことによって生じた問題となっています。これは、近年行なわれた貸金業法が一部改正されたことによって浮上した問題であり、社会的に看過できない大きな問題であるとして、法の専門家である弁護士や司法書士などが、積極的に問題の解決に取り組んでいるものとなっているのです。過払い金は過去に金融業者のサービスを利用していた大半の方が対象となっている問題であり、また請求を行うことではじめて取り戻せるものでもあるため、心当たりがある際には、弁護士に相談をしてみるといいでしょう。

過払い金請求の駆け込み需要

過払い金請求に当たって弁護士を頼りにしたいのは、主に二つの理由からなっています。ひとつは過払い金請求は法的な手続きが必要となる作業であるためであり、弁護士に依頼を行うことによって、代行手続きに当たってもらえるためですそしてもうひとつ、この代行請求にあたって、弁護士であれば請求が可能な費用に上限が設定されていないため、二度手間になってしまう可能性などなく、きっちりと依頼をした弁護士に過払い金を取り戻してもらうことが可能となるためです。過払い金請求は借金の完済から10年以内に行わなければいけないといった制度となっており、まもなくこの10年の期限を過ぎてしまう方が現れてしまうといった駆け込み需要を受けて、より活発に取り組まれている活動にもなっています。