セーフティネット機能

数字の書類と電卓

まさかの時のために付けておいた方が良い弁護士費用特約

交通事故に遭遇した際、弁護士に仕事を依頼した方が良い状況になる場合があります。弁護士に仕事を依頼することは日常生活ではないことですから、不安に感じることでしょう。しかし、弁護士は交通事故も多く扱っており、中には、交通事故を専門的に扱っている弁護士もいますので、心配は不要です。 ただ、問題となるのは費用です。弁護士に仕事を依頼するとなると、それなりの料金を支払う必要があります。その費用が、予め用意できていなければ仕事の依頼ができないことになってしまいます。 そんな時に役立つのが、その費用を保険会社が負担してくれる任意保険の特約、弁護士費用特約です。まさかの時のために、弁護士費用特約は付けておいた方が良いでしょう。

保険会社は、もらい事故の場合、示談交渉の代行は不可能

では、どんな状況で仕事を依頼することになるのかというと、様々な状況で依頼することができますが、最も確率が高いのが、もらい事故に遭遇したときです。もらい事故とは、自分に一切の過失がない交通事故のことです。 通常の交通事故の場合、任意保険に加入しているのならば、保険会社が相手との示談交渉を行ってくれます。ただ、保険会社が示談交渉を代行できるのは、契約者に過失があった場合だけなのです。 自分に過失はないのだから、自ら示談交渉を行っても問題ないと考えるのは大きな間違いです。交渉相手は、相手が加入している保険会社です。素人である自分とプロの保険会社との間の交渉では、保険会社が主導権を握ることになるでしょう。結果、満足できない示談が成立してしまう場合が往々にしてあるのです。 また、相手が任意保険に加入していなければ、最悪の場合、相手と連絡をとることができず、何も賠償してもらえないということがあります。 ただ、保険会社は示談交渉の代行が不可能でも、弁護士ならば可能となっています。ですから、もらい事故に遭遇した際には、弁護士の助けを借りる可能性が大いにあるのです、